【2020アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA】作品募集中!!

【2020アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA】作品募集中!!

こんにちは!芸工アプリ事務局です。

今回は、芸術工学研究院 准教授の松隈先生よりメディアアートコンペのご案内をいただいたので芸工アプリでもご紹介します!

また、松隈先生は今回のコンペ「アジアデジタルアート大賞展」の実行委員会事務局長でもあります。そんな松隈先生より、以下のコメントをいただいております!

松隈先生
「論理的思考と芸術的感性を併せ持つ作品を高く評価する」という芸工関係者にとってはストライクな内容のコンペになってます。皆様からの作品をお待ちしております!奮ってご参加ください!!!

一般と学生とでそれぞれ応募できるようなので、興味のある方はぜひ最後までお読みください!

では、早速どんなコンペなのか見ていきましょう〜

「アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」とは?

『アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA』は九州大学を中心にクリエイターの発掘・育成の場として、2001年にスタートしたメディアアートコンペティションです。

adaa2020

20周年迎える本年もその発足以来終始一貫して追求してきたテーマ【論理的思考を基盤にした高い芸術的感性】を掲げて開催いたします。

受賞作品は2021年2月に受賞作品展にて展示し、アジアの交流拠点でもある福岡からさまざまな人へあなたの作品や活動を発信できます。

これまで芸工生も多数受賞している本コンペでは、現在作品募集を行っております。

今年も多くのクリエイターのみなさまの作品をお待ちしております!!

2020アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA 概要

募集部門

○一般カテゴリー

優れた技能と高い芸術性を持つプロフェッショナルクリエータを目指す方々を対象とします。法人、学生の方もご応募頂けます。
静止画部門/動画部門/インタラクティブアート部門/エンターテインメント (産業応用)部門

○学生カテゴリー

デジタルアートに興味のある、スキルアップを図る学生のためのエントリーコースです。高校生以下の方の作品も募集します。サークルなどのグループによる応募も可能です。
静止画部門/動画部門/インタラクティブアート部門/エンターテインメント(産業応用)部門

募集期間

2020年7月20日(月)~10月11日(日) 23:59(日本時間)

応募方法

公式Webサイト(http://adaa.jp)からエントリーの上、ご応募ください。

各賞

○アジアデジタルアート大賞【福岡県知事賞】
奨励金50万円授与(公益財団法人柿原科学技術研究財団より)
○大賞
一般カテゴリー:静止画部門もしくは動画部門…文部科学大臣賞を授与
一般カテゴリー:インタラクティブアート部門…総務大臣賞を授与
一般カテゴリー:エンターテインメント(産業応用)部門…経済産業大臣賞を授与
学生カテゴリー:奨励金5万円授与(各部門大賞、公益財団法人柿原科学技術研究財団より)
○優秀賞  ○入賞  ○福岡市長賞

スケジュール (予定)

作品募集 :7月20日(月)~10月11日(日)
審査期間 :10月下旬〜11月下旬
受賞発表 :12月下旬
受賞作品展:2021年2月16日(火)~2月23日(火・祝)
*会場 福岡市科学館、福岡市美術館、NHK福岡放送局
表彰式:2021年2月20日(土) *会場:福岡市美術館

主催

2020アジアデジタルアート大賞展実行委員会

お問合せ先

アジアデジタルアート大賞展実行委員会事務局
Email:adaa@design.kyushu-u.ac.jp

アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA公式ウェブサイト・SNS

ウェブサイト:http://adaa.jp/
Facebook :https://www.facebook.com/Asia-Digital-Art-Award-258527464266835/
Twitter   :https://twitter.com/adaaman2020

*募集チラシデータはこちらからダウンロードできます。


みなさん、ぜひ応募してみてください〜(^O^)

芸工アプリのアップデート/ダウンロードはこちら

iPhoneのかたは「Appストア」から、Androidのかたは「Google Playストア」からアップデート/ダウンロードすることができます。

Google Play で手に入れよう